シークワーサーを食べたり飲んだり買ったり育てたり

シークワーサー生活を始めよう!

未分類

ジュースと原液どっちを選ぶ?それぞれのメリット・デメリット

投稿日:

シークワーサーってダイエットや美容にも効果があって、とても健康的な果物なんですね。沖縄の人に美人が多いのも、シークワーサー効果があるんじゃないかって言われてるくらい。

それで「シークワーサーが飲みたいな」って思って探してみたら、ジュースタイプと原液タイプがあるんですね。

では、どちらを選んだらいいのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

シークワーサージュース

メリット

  • ササっとすぐ飲める
  • いつでも同じ味

忙しい主婦にとって、手間がかからずすぐ飲めるっていうのは大きいですね。特に朝起きてからの1時間は、1分1秒を争う勝負の時間。私も朝イチはとにかく効率的に時短を意識して動いています。

ジュースタイプは冷蔵庫からとってコップに注いで、グイッと飲んでおしまい。いつでも同じ味だから余計なことを考えなくていいんです。

これがジュースタイプのメリットですね。

デメリット

  • シークワーサー以外の成分も入っている
  • ゴミが多い

デメリットはシークワーサー以外にもいろいろ入っていること。みんなが美味しいと思える味になるように、砂糖とか違う果実の果汁とかが入っています。

せっかくシークワーサーダイエットを始めようとしても、ジュースのチョイスを間違えると逆効果。糖質たっぷりの高カロリーなジュースでは意味がないですからね。

あと、小分けになっているジュースはゴミがたくさんでます。原液は薄めて飲むので、一本で長持ちしますが、ジュースは毎日飲んでいるとすぐ無くなっちゃいます。ゴミ箱にたまったシークワーサージュースの缶やペットボトルを見て、「エコじゃないなぁ」と思ったこともあります。

シークワーサーの原液

メリット

  • 余計な成分が入っていない
  • 自分の好みに合わせて作れる
  • 活用法いろいろ。ジュース以外にも使える

原液なら余計な成分が入っていません。シークワーサーを100%味わうことができます。よりダイエット効果や美容効果を感じたいなら、原液がおすすめです。

また、自分の好みにアレンジできるのも利点。水割りでもお湯割りでも、炭酸割りでも飲み方はいろいろです。どれくらいの割合にするのか、配合も自由。みかんジュースやグレープフルーツジュースに混ぜて飲むのもOK。自分だけのオリジナルジュースを作って見ましょう!

あとは、ジュース以外にも使えるっていうのが大きなメリット。いつものお醤油にちょっとだけ混ぜてみたり、シークワーサーゼリーを作ってみたり。

わたし的にはこの幅広さが好きですね。料理が楽しくなりますよ。

デメリット

  • そのままでは飲めないから、ひと手間かかる
  • 味が一定にならない

原液ってそのままでは飲めません。ちょっと舐めてみたら分かりますが、「ヒャッ!」ってなるほどメチャクチャ酸っぱいです。

だからお水や炭酸で割って飲むんですが、ジュースに比べたらひと手間かかってしまいます。このひと手間が惜しいくらい忙しい人は、ジュースタイプのほうがいいですね。

自分好みにアレンジできる一方で、一定の味にならないという悩みもあります。ちゃんと軽量カップや大さじで測って作ればいいんですが。。。

わたしは1回だけ大失敗しました。煮物のアクセントにとシークワーサー原液を入れたら、入れすぎてしまって・・・。

酸っぱくて発酵した(というか腐った。。)食べ物になってしまいました。オリジナルレシピは難しいですね。

-未分類

Copyright© シークワーサー生活を始めよう! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.